こんばんわ。眠いです。

昨日予告してましたけどアレは頭はっきりしてる時にやっていきます。 

でまぁ、ツイッターでこの記事が話題になってました。

 【教育×IT】障がいを持つ子どもたちに向けた、PC・タブレットを活用する授業がすごかった


(良くも悪くも)有名なヨッピーさんによる障害児のICT教育とPC操作補助機器の記事です。

とりあえず、障害児教育に興味あるならマスト読め。今すぐにだ。

で、ツイッターではこんなことを。












で、障害児教育を支援するIT機器はかなり出揃ってきたきた感じはあるんですよね。

というか、パソコンとスマホ・タブレットでできることが段違いに増えましたよね。

目が見えなかったり文章読みにくい系のLDではスマホで文字を拡大したり撮影してOCR(光学文字認識)で読み上げたり。

声がでない子向けのトーキングエイドアプリもありますし、聴覚障害児支援アプリとかももう把握しきれないほどあるわけですよ。

スマホ・タブレットの登場で障害児支援の幅はすごく広がってますよね。

ところが、記事中にもあるようにこのような支援は現段階ではすごくマンパワーに紐づけされるわけですよ。

ぶっちゃけ、「良い先生」がいればいいけど、そうでない先生が担当だと全く、ということもある。

だから、文科省とかも事例を集めて体系化しようとしてるんですが、まだまだ道半ばで。

せっかくアプリがあるのに現場が生かしきれてない!という支援アプリ開発者の声も聞いたことがあります。

本当にICT教育に強い技術者的な教育者の育成が急務ですが、やはり我々障害者の先達もいろいろアイデアを実践して情報を積み重ねていかねばなと。

誰か取りまとめやってください。(丸投げ)

で、ヨッピーさんへ。 

ソフトバンクや東大がコラボして、スマホ・タブレットなどの情報端末による障害児支援を研究している 「魔法のプロジェクト」ってのがありますので、こっちも取材してきてください。こんな活用法があるんだと感動すると思います。

しかし、ソフトバンクは障害者支援に力入れてると思ったら、経営陣が株主総会で「我々もある意味知的障害者ですから」と言い出したのでとても面白い会社だと思いました(小並感)

この先は発達障害者や知的障害者をAIで支援する機器を開発したいと行ってましたが、俺が真っ先に実験台になりたいところ。

では、きょうはこれくらいで。

本日の写真は今手持ちのガジェット一覧。

IMG_20160525_193039


ろくなものがない。 

  ---------------お知らせ----------------------------------------

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 絶賛連載中

「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ!
発達障害の日常・生活をわかりやすく解説する大好評コラム連載中!
発達障害者の生活する上での「あるある!」ネタをイラスト付きでお楽しみください!
(すべて読むには有料マガジン(月500円)の購入が必要となります) 

【ボクの彼女は発達障害 くらげ&あお(ボクの彼女は発達障害) LINEスタンプ販売中】

ボクの彼女は発達障害のLINEスタンプができました!
ボクの彼女は発達障害の「くらげ」と「あお」をイメージした可愛く実用的なスタンプができました!
全国1万人のボクの彼女は発達障害のファンの皆様、ぜひお買い求めいただければ幸いです!

【ボクの彼女は発達障害 絶賛販売中!】
ボクの本が学研より絶賛販売中です!
以下のタイトルか画像をクリックするとアマゾンの購入ページに移動します!

ボクの彼女は発達障害: 障害者カップルのドタバタ日記 
ボクの彼女は発達障害: 障害者カップルのドタバタ日記 (Kindle)


ボクの彼女は発達障害2 一緒に暮らして毎日ドタバタしてます! 
ボクの彼女は発達障害2 一緒に暮らして毎日ドタバタしてます!(Kindle) 



「ボクの彼女は発達障害」「ボクの彼女は発達障害2」ともに、サイン付き通販を行っております。
詳しくは、右の問合せ欄かメールでお問い合わせください!(在庫次第で送付が遅れることがあります)

Amazonほしい物リスト公開中です!送って応援していただけると励みになります!