世界はことばでできている

〜成人期発達障害&聴覚障害者の日常〜

聴覚障害+成人期発達障害(ADHD)が日々考えていることや、聴覚障害者・発達障害者として生きていくライフハックを書いてます。あと、ニュースやら軍事やらについても飛びつきます。とにかく雑多なブログです。

くらげ

「しないことをしないようにするって大変だよね」ってお話

こんばんわ。

ちょっと思うところあってブログ休止してました。

その間にnoteは地味に更新しておりました。

くらげ寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第20回 「靴紐を結べないなら紐がない靴を履けばいいじゃない!」ってお話 

14215572_870487476415436_2134679819_o

発達障害者によくある「不器用さ」の実例とその対策についてのお話です。

靴紐が結べないなら靴紐っていらなくない?という結論になりました(笑)

ところで、最近は「残りの人生、何をしないか」ということを真剣に考えております。

これまではあれもやりたいこれもやりたい、と足し算の人生でしたが、やりたいことがおおすぎて何もできない、という状態に陥っています。

なので、「なにをしないか、諦めるか」という収斂を考えているのですが、なかなか難しい。

これについても、数年かけて少しずつ、進めていきたいですね。

というわけで、このくらいで。

今日の一枚は昨日の飲み会でいたたいたお酒。
 
IMG_20160903_193128

焼酎派に転向しそう。

では 

「障害学生支援10年の重みとこれからの支援について学んできます」って話

こんばんわ。明日は休日なのでお酒タイムです。

とはいえ、明日は久々に障害学生支援のシンポジウムに参加するためにでかけます。

参加するのはこちら。


DO-IT Japan


DO-IT Japanとは東京大学が主催する障害のある生徒の進学支援するためのプログラム。
(正確にはかなり複雑ですが、簡便的に)

明日は選抜生の夏期研修プログラム最終日で一般公開シンポジウムが開催されます。

ボクの前職は障害学生支援に関する行政のお仕事でして、DO-IT japanにも関わっていました。

(下っ端も下っ端でしたけど)

ボクが障害学生支援に関わり始めた10年ほど前は、障害のある高校生の大学進学はまだ非常に狭き門でした。ですので、東大が「障害のある子供に大学進学支援をする」というのはとてもインパクトがあったのです。

そのDO-IT Japanももう10周年。この間に障害のある学生数は本当に桁違いに増えました。

法律が変わったこともありますが、様々な大学・機関が協力して地道に障害学生が学ぶ環境を整備してきたことが今やっと芽吹いてきたところかと感じています。


現在勤務している本学でも本年度から障害学生支援を少しずつ始めました。部署が違うので直接関わる機会は少ないのですが、これまでの自分の仕事を振り返るとともに、今後の仕事に生かせるように勉強してきます。


というわけで、久々に真面目なお話でした。


では。

今日の写真は「山形のだし」
山形の郷土料理で、夏野菜とみょうがとしそを細かく刻んで醤油などでまぜるだけ。
暑い中でもガツガツ飯が進みます。
食欲が無い時とかにおすすめですよー。

Cpf8XbIVUAAZkcz (1)


 
---------------お知らせ----------------------------------------

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 絶賛連載中

「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ!
発達障害の日常・生活をわかりやすく解説する大好評コラム連載中!
発達障害者の生活する上での「あるある!」ネタをイラスト付きでお楽しみください!
(すべて読むには有料マガジン(月500円)の購入が必要となります) 

【ボクの彼女は発達障害 くらげ&あお(ボクの彼女は発達障害) LINEスタンプ販売中】

ボクの彼女は発達障害のLINEスタンプができました!
ボクの彼女は発達障害の「くらげ」と「あお」をイメージした可愛く実用的なスタンプができました!
全国1万人のボクの彼女は発達障害のファンの皆様、ぜひお買い求めいただければ幸いです!

【ボクの彼女は発達障害 絶賛販売中!】
ボクの本が学研より絶賛販売中です!
以下のタイトルか画像をクリックするとアマゾンの購入ページに移動します!

ボクの彼女は発達障害: 障害者カップルのドタバタ日記 
ボクの彼女は発達障害: 障害者カップルのドタバタ日記 (Kindle)


ボクの彼女は発達障害2 一緒に暮らして毎日ドタバタしてます! 
ボクの彼女は発達障害2 一緒に暮らして毎日ドタバタしてます!(Kindle) 


マンガパート担当の寺島さんが販促POPを書いてくれました!



「ボクの彼女は発達障害」「ボクの彼女は発達障害2」ともに、サイン付き通販を行っております。
詳しくは、右の問合せ欄かメールでお問い合わせください!
(在庫次第で送付が遅れることがあります)

Amazonほしい物リスト公開中です!送って応援していただけると励みになります! 

「天皇陛下の存在って難しいね、あとnote更新しましたよ!」ってお話

天皇陛下のお気持ち表明が本日行われました。

ビデオはリアルタイムでは見れなかったので、帰りにスマホから拝聴。

11分の映像を見終わったあとはすごく疲れを感じました。

なんというか、怖かったです。天皇陛下に対して「畏敬を感じる」という言葉を使うことがありますが、「畏」をここまで深く感じたのは初めてです。なにから来る畏れなのかはよくわからないのですが。
(畏れは言葉で感じるというよりも、空気的なものもあるのですが、この辺高機能自閉症タイプの方はどう感じるのか興味はあります。あおは「すごい人だと思う」と言ってますが)

あのお言葉の中に、ボクは2000年以上を超えるあまりに深い歴史の広がりと、それでいて現代的にアレンジしながら国民一人一人に寄り添おうという天皇陛下のお気持ちを観ました。「天皇陛下」という存在と日本的宗教観についていろいろ考察することはあったけど、今日ほどそれを深く自覚した日はなかったです。自分がその内部に取り込まれていることについても。

まぁ、これから政治的にも一悶着ありそうですけども、天皇陛下という存在について深く議論されるといいな、というか、しなきゃだめでしょ。宗教的な意味でも、と深く感じるところです。

いろいろ書こうと思いましたが、今日はこれくらいで。


あ、noteの連載更新しました!


くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第16回「発達障害者が『ハマる』ってどういうことなの?ゲームとかやらせるべきなの?」ってお話


発達障害者はゲームとかにハマりやすいいいますけど、同じ「ハマる」でもADHDとアスペルガー系では違うよね!という話です。

13918683_854075881389929_1273408573_o


あと、「発達障害児にゲームさせるときはどうしたら良いの!?」という悩みにも(脱線気味ながら)解説しておりますので、困っている方はぜひ!


月500円で当月分のnote記事を読むことができます!詳しい買い方はこちらを御覧ください!また、1本200円で1本だけ購入もできます!

なお、このnote記事の紹介はこちらです!

というわけで、よろしくお願いいたします!

---------------お知らせ----------------------------------------

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 絶賛連載中

「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ!
発達障害の日常・生活をわかりやすく解説する大好評コラム連載中!
発達障害者の生活する上での「あるある!」ネタをイラスト付きでお楽しみください!
(すべて読むには有料マガジン(月500円)の購入が必要となります)

【ボクの彼女は発達障害 くらげ&あお(ボクの彼女は発達障害) LINEスタンプ販売中】

ボクの彼女は発達障害のLINEスタンプができました!
ボクの彼女は発達障害の「くらげ」と「あお」をイメージした可愛く実用的なスタンプができました!
全国1万人のボクの彼女は発達障害のファンの皆様、ぜひお買い求めいただければ幸いです!

【ボクの彼女は発達障害 絶賛販売中!】
ボクの本が学研より絶賛販売中です!
以下のタイトルか画像をクリックするとアマゾンの購入ページに移動します!

ボクの彼女は発達障害: 障害者カップルのドタバタ日記
ボクの彼女は発達障害: 障害者カップルのドタバタ日記 (Kindle)


ボクの彼女は発達障害2 一緒に暮らして毎日ドタバタしてます!
ボクの彼女は発達障害2 一緒に暮らして毎日ドタバタしてます!(Kindle)


マンガパート担当の寺島さんが販促POPを書いてくれました!



「ボクの彼女は発達障害」「ボクの彼女は発達障害2」ともに、サイン付き通販を行っております。
詳しくは、右の問合せ欄かメールでお問い合わせください!
(在庫次第で送付が遅れることがあります)

Amazonほしい物リスト公開中です!送って応援していただけると励みになります!

「ADHDに向いてるメディアって新聞じゃないの?」ってお話の続き

こんばんわ。用事の前に珍しくこの時間に更新です。

毎日更新したいなーと思いつつ、早速昨日は更新できませんでした。

というものも、昨日はあおのお兄さんと神保町でお会いしまして、飲んでました。

今後の諸々について話し合う、という名目でしたが、普通の飲んでだべって解散。
まぁ、「今後のことはそちらのおすきにー」ということだったのでかなりありがたかったですね。

どのみち好き勝手にしか生きていけませんけど。


さて、先日、ADHDに向いているメディアは新聞ではないか、という話を書きましたが、「なぜそう思うのか」という論旨が抜け落ちていたので補足します。


一般的にもネットメディアより新聞(既存のメディア)が優れているところは多いのですが「ADHD」(すなわち俺)にとって良いと思ったのは、「リンクして他のところに飛べない」ところ。


基本的にADHDは集中しない上に短期記憶がプアです。
記事を読んでる最中に他のニュースが気になってリンクを押す。そしてそのリンク先でも同じこと繰り返すので、1分もしたら「で、最初何読んでたんだっけ」となる。

これでは記事を読んでなにか学ぶ、ということは薄くて完全に「暇つぶし」にしかなりませぬ。


一方、新聞記事は関連記事がひとかたまりとしてあるので、ちょっと目を移しても「なんのことか」意識し続けられます。
時間単位あたりの理解できる情報量は新聞のほうが上なんじゃないかと最近は思ってます。
(雑誌にも同じことが言えて、興味のあることは雑誌で読むか印刷したほうが良いと思いつつおぜぜと暇の問題で手が…)

それと、ネットの情報速度は早過ぎるんですよ。常に情報過多な発達障害者にとってこのスピードはもはや暴力的なこともあるし、ニュース及びその反応に中毒起こしかねない、というのがありまして。っーか俺がそうなんですけど。

あと、「世間では何が話題になってるか」がわかりやすいのもいいところです。
よく、発達障害者は物事の重軽がわかりにくい人が多い、と言われますが、世間のことについても同様で。

健常者ですら「常に触れる情報」が大事なものとして受け止められるのですが、「自分の興味があることが世界で大事なこと」とすり替わることが多々あるものです。特にネットメディアに頼りまくってるとそういう「誤解」が増幅してしまうことがありますよね。

しかし、ネットメディアは意外に「世間」には浸透していません。ネットの話題はまだまだ「隙間」の話でしかないんですよね。あまり知らない人と話すとき「ネットでは〜」というのは結構痛い人扱いです。

その点、新聞は「ぱっと見てどの話が重大なのか」がわかります。
新聞を何種類か数日分眺めるだけで「世間でなにがどれだけ話題になっているか」はだいたい把握できるので、処世術として覚えておいて損はないテクニックですね。

マスコミは適当なことしか書かないという反論もありますが、ネットメディアはもっと適当なことばかり書いてますし、やはり文章力や取材力はまだまだ大手マスコミに勝てるネットメディアは殆ど無いのが現状。新聞でざっとニュースの流れを理解したうえで、隙間を埋めるためにネットで調べる、くらいがいいと思うのです。

ネットと紙メディアの限界をそれぞれ理解して補完しあうのが情報リテラシーを身に付ける良い方法ですね。

あと、スマートニュースやGunsoyは情報リテラシーというか、「調べる癖」が劣るからあんまりおすすめしないです。というか、最近のネット自体が「検索する」というスキルが不要な方面に動いてるのがどうも気になるところではありますが。


ま、いろいろ言いましたけど、「情報」を何のために手に入れるのかにもよりますけどね。


というところで、本日はこのくらいで。

 
 追記1

main


ボクの彼女は発達障害のLINEスタンプができました!
可愛く実用的なスタンプが揃ってますので、全国1万人のボクの彼女は発達障害のファンの皆様、ぜひお買い求めいただければ幸いです!

追記2
noteはずーっとやってますよ!
発達障害についてぶっちゃけた話がありまくりで、かなり勉強になると思いますよ!
月500円で読むことができますので、興味ありましたらぜひ!

 
---------------お知らせ----------------------------------------

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 絶賛連載中

「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ!
発達障害の日常・生活をわかりやすく解説する大好評コラム連載中!
発達障害者の生活する上での「あるある!」ネタをイラスト付きでお楽しみください!
(すべて読むには有料マガジン(月500円)の購入が必要となります)

【ボクの彼女は発達障害 くらげ&あお(ボクの彼女は発達障害) LINEスタンプ販売中】

ボクの彼女は発達障害のLINEスタンプができました!
ボクの彼女は発達障害の「くらげ」と「あお」をイメージした可愛く実用的なスタンプができました!
全国1万人のボクの彼女は発達障害のファンの皆様、ぜひお買い求めいただければ幸いです!

【ボクの彼女は発達障害 絶賛販売中!】
ボクの本が学研より絶賛販売中です!
以下のタイトルか画像をクリックするとアマゾンの購入ページに移動します!

ボクの彼女は発達障害: 障害者カップルのドタバタ日記
ボクの彼女は発達障害: 障害者カップルのドタバタ日記 (Kindle)


ボクの彼女は発達障害2 一緒に暮らして毎日ドタバタしてます!
ボクの彼女は発達障害2 一緒に暮らして毎日ドタバタしてます!(Kindle)


マンガパート担当の寺島さんが販促POPを書いてくれました!



「ボクの彼女は発達障害」「ボクの彼女は発達障害2」ともに、サイン付き通販を行っております。
詳しくは、右の問合せ欄かメールでお問い合わせください!
(在庫次第で送付が遅れることがあります)

Amazonほしい物リスト公開中です!送って応援していただけると励みになります!

「ADHDに一番向いてるメディアって新聞じゃないの?」というお話

最近、ボクは高度情報化社会にちょっと反抗期なのです。
 
ネットのちょっとした話題を棒大針小に書きアメリカの安物お菓子もかくやというほどのこってりとしたルアー・タイトルをつけたアレや、ほかのサイトからコピペしてきてちょっとだけ表現や構成を変えただけのコレでネットはパンパンだぜ!

それも一面的過ぎますけど、まぁ、とにかくADHDのボクはネットの情報の洪水に適応できていないじゃん!流されっぱなしじゃん!釣られてるじゃねぇか!

ADHDは「目にしたものが興味のあること」にすり替わることが多々あるんですよ!情報社会は釣り堀ですよボクらはダボハゼですよブラックバスですよ!?あいつら釣り上げた数だけ金はいるんですよ?

はー、はー、はー。

具体的にはいろいろ適当に見ては通勤時間や休み時間を潰してしまうという弊害が時間がないです。しかも、「どんなニュースを読んだか」と思い返すとあまり思い出せない。イマイチ時間の無駄遣い感が半端ない。

というわけで、ニュースアプリ(ヤフーニュース、SmartNews、Gunosy)を全削除し、かわりに通勤途中で新聞を買い、昼休みや帰宅後に読んでいます。

もちろん、じっくり読むと時間が足りないのでざっと目を通して興味あれば読む、というアタリマエのことをしています。

この「当たり前」が結構ADHDに意外と難しい。先も書きましたが「目にしたものが興味のあること」になってしまうので全部読みたくなる。

なので、1回目に見出しだけを読み、興味あるタイトルに丸をつける。2回目はそのタイトルのなかで更に興味を保っていたものだけを読む、ということをしています。ルールで縛っていくのですね。
 
IMG_20160804_231139

 
で、できれば情報カードに1日の記事を1枚に要約してみるという。これだと15分くらいで新聞が読めます。どうしても残しておきたいものはスマホでパチと。

これだけで能動的に取りに行くのは十分かなー、というくらいで、あとは安心して作業ができる、というものですよ。

最近のテーマは「いかにシンプルに生きていくか」

この「シンプル」もまた難しいのですが、それはおいおい。

っーわけでお休みなさいませ。

 追記1
ボクの彼女は発達障害のLINEスタンプができました!
可愛く実用的なスタンプが揃ってますので、全国1万人のボクの彼女は発達障害のファンの皆様、ぜひお買い求めいただければ幸いです!

追記2
noteはずーっとやってますよ!
発達障害についてぶっちゃけた話がありまくりで、かなり勉強になると思いますよ!
月500円で読むことができますので、興味ありましたらぜひ!
---------------お知らせ----------------------------------------

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 絶賛連載中

「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ!
発達障害の日常・生活をわかりやすく解説する大好評コラム連載中!
発達障害者の生活する上での「あるある!」ネタをイラスト付きでお楽しみください!
(すべて読むには有料マガジン(月500円)の購入が必要となります)

【ボクの彼女は発達障害 くらげ&あお(ボクの彼女は発達障害) LINEスタンプ販売中】

ボクの彼女は発達障害のLINEスタンプができました!
ボクの彼女は発達障害の「くらげ」と「あお」をイメージした可愛く実用的なスタンプができました!
全国1万人のボクの彼女は発達障害のファンの皆様、ぜひお買い求めいただければ幸いです!

【ボクの彼女は発達障害 絶賛販売中!】
ボクの本が学研より絶賛販売中です!
以下のタイトルか画像をクリックするとアマゾンの購入ページに移動します!

ボクの彼女は発達障害: 障害者カップルのドタバタ日記
ボクの彼女は発達障害: 障害者カップルのドタバタ日記 (Kindle)


ボクの彼女は発達障害2 一緒に暮らして毎日ドタバタしてます!
ボクの彼女は発達障害2 一緒に暮らして毎日ドタバタしてます!(Kindle)


マンガパート担当の寺島さんが販促POPを書いてくれました!



「ボクの彼女は発達障害」「ボクの彼女は発達障害2」ともに、サイン付き通販を行っております。
詳しくは、右の問合せ欄かメールでお問い合わせください!
(在庫次第で送付が遅れることがあります)

Amazonほしい物リスト公開中です!送って応援していただけると励みになります!
くらげについて

聴覚障害(2級)とADHD(診断あり)と躁うつ病患者の三重苦ですがなんとか自立して生きてます。 このブログは障害者としていく意味やらライフハックやら時事ニュースを取り扱っていきます。
同じく発達障害の「あお」と同棲中。結婚はまだかと急かされています。
最新コメント
お問い合わせ・執筆依頼などはこちらへお願い致します

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
QLOOKアクセス解析