こんばんわ。用事の前に珍しくこの時間に更新です。

毎日更新したいなーと思いつつ、早速昨日は更新できませんでした。

というものも、昨日はあおのお兄さんと神保町でお会いしまして、飲んでました。

今後の諸々について話し合う、という名目でしたが、普通の飲んでだべって解散。
まぁ、「今後のことはそちらのおすきにー」ということだったのでかなりありがたかったですね。

どのみち好き勝手にしか生きていけませんけど。


さて、先日、ADHDに向いているメディアは新聞ではないか、という話を書きましたが、「なぜそう思うのか」という論旨が抜け落ちていたので補足します。


一般的にもネットメディアより新聞(既存のメディア)が優れているところは多いのですが「ADHD」(すなわち俺)にとって良いと思ったのは、「リンクして他のところに飛べない」ところ。


基本的にADHDは集中しない上に短期記憶がプアです。
記事を読んでる最中に他のニュースが気になってリンクを押す。そしてそのリンク先でも同じこと繰り返すので、1分もしたら「で、最初何読んでたんだっけ」となる。

これでは記事を読んでなにか学ぶ、ということは薄くて完全に「暇つぶし」にしかなりませぬ。


一方、新聞記事は関連記事がひとかたまりとしてあるので、ちょっと目を移しても「なんのことか」意識し続けられます。
時間単位あたりの理解できる情報量は新聞のほうが上なんじゃないかと最近は思ってます。
(雑誌にも同じことが言えて、興味のあることは雑誌で読むか印刷したほうが良いと思いつつおぜぜと暇の問題で手が…)

それと、ネットの情報速度は早過ぎるんですよ。常に情報過多な発達障害者にとってこのスピードはもはや暴力的なこともあるし、ニュース及びその反応に中毒起こしかねない、というのがありまして。っーか俺がそうなんですけど。

あと、「世間では何が話題になってるか」がわかりやすいのもいいところです。
よく、発達障害者は物事の重軽がわかりにくい人が多い、と言われますが、世間のことについても同様で。

健常者ですら「常に触れる情報」が大事なものとして受け止められるのですが、「自分の興味があることが世界で大事なこと」とすり替わることが多々あるものです。特にネットメディアに頼りまくってるとそういう「誤解」が増幅してしまうことがありますよね。

しかし、ネットメディアは意外に「世間」には浸透していません。ネットの話題はまだまだ「隙間」の話でしかないんですよね。あまり知らない人と話すとき「ネットでは〜」というのは結構痛い人扱いです。

その点、新聞は「ぱっと見てどの話が重大なのか」がわかります。
新聞を何種類か数日分眺めるだけで「世間でなにがどれだけ話題になっているか」はだいたい把握できるので、処世術として覚えておいて損はないテクニックですね。

マスコミは適当なことしか書かないという反論もありますが、ネットメディアはもっと適当なことばかり書いてますし、やはり文章力や取材力はまだまだ大手マスコミに勝てるネットメディアは殆ど無いのが現状。新聞でざっとニュースの流れを理解したうえで、隙間を埋めるためにネットで調べる、くらいがいいと思うのです。

ネットと紙メディアの限界をそれぞれ理解して補完しあうのが情報リテラシーを身に付ける良い方法ですね。

あと、スマートニュースやGunsoyは情報リテラシーというか、「調べる癖」が劣るからあんまりおすすめしないです。というか、最近のネット自体が「検索する」というスキルが不要な方面に動いてるのがどうも気になるところではありますが。


ま、いろいろ言いましたけど、「情報」を何のために手に入れるのかにもよりますけどね。


というところで、本日はこのくらいで。

 
 追記1

main


ボクの彼女は発達障害のLINEスタンプができました!
可愛く実用的なスタンプが揃ってますので、全国1万人のボクの彼女は発達障害のファンの皆様、ぜひお買い求めいただければ幸いです!

追記2
noteはずーっとやってますよ!
発達障害についてぶっちゃけた話がありまくりで、かなり勉強になると思いますよ!
月500円で読むことができますので、興味ありましたらぜひ!

 
---------------お知らせ----------------------------------------

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 絶賛連載中

「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ!
発達障害の日常・生活をわかりやすく解説する大好評コラム連載中!
発達障害者の生活する上での「あるある!」ネタをイラスト付きでお楽しみください!
(すべて読むには有料マガジン(月500円)の購入が必要となります)

【ボクの彼女は発達障害 くらげ&あお(ボクの彼女は発達障害) LINEスタンプ販売中】

ボクの彼女は発達障害のLINEスタンプができました!
ボクの彼女は発達障害の「くらげ」と「あお」をイメージした可愛く実用的なスタンプができました!
全国1万人のボクの彼女は発達障害のファンの皆様、ぜひお買い求めいただければ幸いです!

【ボクの彼女は発達障害 絶賛販売中!】
ボクの本が学研より絶賛販売中です!
以下のタイトルか画像をクリックするとアマゾンの購入ページに移動します!

ボクの彼女は発達障害: 障害者カップルのドタバタ日記
ボクの彼女は発達障害: 障害者カップルのドタバタ日記 (Kindle)


ボクの彼女は発達障害2 一緒に暮らして毎日ドタバタしてます!
ボクの彼女は発達障害2 一緒に暮らして毎日ドタバタしてます!(Kindle)


マンガパート担当の寺島さんが販促POPを書いてくれました!



「ボクの彼女は発達障害」「ボクの彼女は発達障害2」ともに、サイン付き通販を行っております。
詳しくは、右の問合せ欄かメールでお問い合わせください!
(在庫次第で送付が遅れることがあります)

Amazonほしい物リスト公開中です!送って応援していただけると励みになります!