今、代官山の蔦屋書店などというオサレでハイソの頂点にあるような書店に「ボクの彼女は発達障害」が展示されている。

こんな感じにだ。
 12177899_758577260935293_163509081_n

12167495_758577274268625_557571609_n

なんというか、恐れ多いというか場違い感半端無いが、大丈夫かこれ。

といっても、今回は別にボクかのがメインのイベントではない。
PRe Nipponの企画展におじゃまさせていただいたのだ。
展示していただいた関係者皆様には感謝感激、土下座切腹である。

PRe Nipponは「福祉事業所の問題解決+社会に価値を生み出す活動」を行うことを目的に、2012年1月に発足したプロダクションだ。

サイトを見てもらえればわかるが、大変にオサレでかわいいメモや蝶ネクタイを作製している。
その中の、「ゲラメモ」にボクかののゲラも含まれているのだ。

「ボクの彼女は発達障害」の編集作業も差し迫った頃、編集者から「ゲラ、あげてもいいですか?」という問い合わせがあった。
 話を聞けば、編集者の知人が関わっているPRe Nipponという団体があり、「ゲラメモ」という製品を障害者事業所で作っているのだという。
 「ふむ、それなら別によかろう」と思ってそれほど深く考えずおkを出したのだった。
ゲラもそう無いだろうから、すぐに無くなると思っていたし。

で、先日、編集者から「代官山蔦屋でゲラメモを展示するらしいから行ってこいよ!」という命令お願いがあったので、驚いた。
「協力者としてボクかのも展示してくれるってよ!」というので更に驚いた。
 
聞けば、「ボクかのを使ったゲラメモ、まだ売っているよ!」という。
そんなに売れてないかの心配になったのだが、「いや、結構売れてるよ」という。

で、ボクは「ゲラってそんなに出るものなのか?」と聞いたのら、「何言ってるんですか、くらげさんに渡したのはほんの一部ですよ!」という。

まず、自分で校正する分、ボクに送る分、校正担当者、その他色んな所送る分で1セットあたり200枚以上のグラが出る。
それが「第一校」「第二校」「最終校」と出るわけだから…
計算するにも恐ろしい量になる。
それを細切れにして、他の本のゲラも混じっているわけだから、そりゃまだ流通するか、と思った次第。

で、このゲラメモ、伝統工芸の技術を習得した障害のある方が一つ一つ丁寧に貼りあわせて作ったそうだ。

中はこんなふうになっている。
 
IMG_20151010_120222


残念ながらボクが買ったゲラメモにはボクかのは入ってないなかったが、雰囲気は掴んでいただけると思う。

しかし、ただのゴミにしかならないゲラをこんな風に再利用していただけるとは、作者としても大変嬉しいものだ。
それが他の障害のある方の仕事と収入を生み出した、となればなおさらである。

ところで、編集者から「協力者としてコメント書くことになったよ!くらげさんのコメントも入れたいか何か言葉頂戴!」とリクエストがあったので、「編集者をもっと泣かせてゲラを作ればよかったと思いました」と答えておいた。その結果がこのメッセージカードである。
 
12178148_758577300935289_865972226_n


そのまま使ったのかよ!さすがこんなかけあいをした仲だな!
 
さて、まじめにフェアの案内しておく。

これからの人、これからの職、これからのNipponのために。 -PRe Nippon meets 代官山 蔦屋書店-」は、10月31日(土)まで、代官山蔦屋書店1号館(文学フロア:2号館につながっている入り口を入ってすぐ左のエスカレーター脇)で開催されている。

ゲラメモも大変カラフルだが、様々な彩りの蝶ネクタイも展示されていて、非常に華やかしい。
 興味があればぜひ企画展に立ち寄って欲しい。

また、ゲラメモ、Musubi-Tieともにその場で購入可能だ。

ゲラメモは、もしかしたらボクかのの生ゲラが入っているかもしれないから、ファンは買って損はないと思う。
というか買え。

また、展示している「ボクの彼女は発達障害」も購入可能なはずだ。
立ち読みしたい方もついでに行ってはいかがだろうか。
そのまま買っていただき、報告いただけるともしかしたらボクからプレゼントが送られてくる可能性もある。
あくまでも可能性、である。

にしても、代官山蔦屋に「ボクの彼女は発達障害」を展示させていただいたPRe Nipponの皆様、そのきっかけを作ったくれた編集者に感謝申し上げる次第である。

このブログで少しでも恩返しできたら幸いである。

では皆様、代官山で会いましょう。