あおが人の頭を叩くのにハマっています。

ボクのおでこを叩いては「ヨー!ペシペシぺし」と歌っては人の後頭部を叩いては「ポンポコポンポーン」と騒いでいる。

ボクは叩かれながら無表情でキーボードを叩きながらタックスヘイブンの記事を書いているのですが、1分近くポンポコポン・ペシペシと叩かれると流石に痛いので


「あの、あおさん?」

「はい、どうしました楽器のおじさん?」
「人は楽器ではないと何度言ったら覚えてくれるんですか?馬鹿ですか?」
「はい、プロの馬鹿です」
「そうですか、わかったから仕事のじゃまをしないでくれませんか?」
「あまりにも叩きやすいおでこなので叩いてくれと言ってるのかと」
「一ミリとも後退していない!」
「でも、前は指3本分くらいのおでこが4本に」
「やめろ!」

というような会話をして原稿の締め切りがますますやばくなるのですよ。


さて、先日から始めたnoteですが、皆様のご支援のおかげでコンテンツもだいぶ充実してきました。


現在のコンテンツは


「『くらげ×寺島ヒロ発達障害あるある対談』」ってそもそも何なんだよってお話(無料)


くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第一回 「いいものを買うって大事ですよね」ってお話(無料)


くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第二回 「金銭管理は発達障害者の鬼門だよね」ってお話(有料)


くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第三回 「ご飯を作るのも食べさせるのも一苦労」ってお話(有料)

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第四回 「料理をするって構造化なんですよ」ってお話(有料)


くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 番外編! 「あおが選ぶ!思い出深い手料理ベスト5!」(マガジン限定)

というラインナップになっております!


有料の方は1本売り(200円)かマガジン登録(月額500円)で読むことができますよ!


かなり良いコンテンツを作っていると自負しておりますので、ぜひご購読いただけると嬉しいです!


なお、マガジンはイケダハヤトが購入してたり(笑)


というわけで、お仕事戻ります。では。