世界はことばでできている

〜成人期発達障害&聴覚障害者の日常〜

聴覚障害+成人期発達障害(ADHD)が日々考えていることや、聴覚障害者・発達障害者として生きていくライフハックを書いてます。あと、ニュースやら軍事やらについても飛びつきます。とにかく雑多なブログです。

2015年12月

くらげさん大分県佐伯市講演会始末書

ご無沙汰しております。

予告通り、無事、大分県佐伯市で講演会を行って帰ってきました。


12281926_720213544776164_1983332743_o

そのドタバタをメモ代わりに適当に書き連ねてみます。
(あおから「忘れない内に書けよ?」と脅されたアドバイスされましたのもあって)

まず、くらげさんは一人で飛行機にのったことがありません。
羽田にたどり着くまででHP0なって、羽田空港の中での手続きでMP0。

しかもとちって走って出航1分前にギリギリ飛び乗る、というような。

行きの飛行機の中では放心しており、予定していた原稿確認などせずに寝ていました。

大分空港では特にトラブルなく高速バスに飛び乗り、2時間かけて佐伯市着。

バスの中では「同じ田舎でも山形とはちがってなんかゆるく感じるなー、住民ものんびりしてるのかなー。なら、話も少しのんびりでいいのかなー」とか考えてました。そしてまた寝ました。
原稿?知らない子ですね。

起きたら目的地付近で、慌てて外を見たら市役所の担当者であるAさんが「くらげ先生、佐伯市にようこそ」というホワイトボードを掲げていました。

もう帰ろうかと思いました。
このAさん、今回の講演会でボクの一番の被害者。
で、このAさん、非常に可愛らしい去年入局したばかりの新人さん。
でも、イロイロ話してみるとかなり変人だったので将来が(楽しみ)心配です。
(そもそも、初対面で俺と打ち解けられる人はもれなく変人です)

で、まずは投宿。
宿は古いけど中はそこそこきれい。狭いビジネスホテルよりはいいところ。
これで朝食付き1泊6000円でした。安い。

すこし休憩してから打ち合わせに向かって、寺島ヒロさんと初対面。

トークセクションについて打ち合わせ。
もちろん、打ち合わせのような何もしてませんでした。
寺島ヒロさん、寺島旦那さん、ボク、Aさんで佐伯市の飯と酒と発達障害あるある雑談。
1時間半にわたって雑談を続ける中、ときおり「じゃ、それ使いましょう」と適切にネタをメモするAさんガチ有能。佐伯市の皆様は佐伯の未来を背負って立つAさんを大切にするべきです。

(雑談)打ち合わせを続けていると、大分合同新聞の佐伯支社の記者さんが来る。

雑談に記者さんも混じっていつのまにやら2時間半経過。記者さん、写真を撮って帰る。
何しに来たんでしょうかね?
その後も一切練習せずに疲れて寝る。

で、翌朝。


さすがに緊張して朝ごはんは少なめにしようかなと思っていたら、おばちゃんが「大きいんだから食え」とご飯のおかわりを催促してきます。ついでに味噌汁と卵もおかわり頂きました。


13時半くらいに迎えに来る、というAさんでしたが、暇なので10時位に「迎えに来てくださーい」と無茶振り。困ったAさんは会場が既に開いてるということを確認して、会場控室に連れてってくれました。

その後、流石に焦ってパワポを開いて講演練習をするボク。
持ち時間は30分。作った原稿7000文字、パワポ23枚。
なお、パワポはAさんに遅くまで残業させて作らせたもの。
3 0 分 に 収 ま ら な い。
しかも「紙 原 稿 を 忘 れ る」

喋りながらあーでもないこーでもないとスマホで原稿を修正するボク。
やっと30分位で収まるかな、と、気がついたら講演前に喉がガラガラに。

流石にやばいと思ったので、会場準備真っ最中のAさんに車を出させて、コンビニで飯とお茶を調達。


その車の中で、Aさん、「あ、いい忘れてましたけど市長きますから」と爆弾発言をサラリとかます。

あの、それって言い忘れるものなんですかね?
佐伯の市長、かなり軽く扱われているけど大丈夫なんでしょうか?

で、おにぎり2個をお茶で流し込み、会場入り。90人会場というだけあって、割と広め。会場設営済み。

いつもはこういう会場は設営する側なんで、「あ、俺、講師なんだっけ」と変な気分になる。
そんなことしてるうちに、お客さんが次々入ってくる。流石に緊張。

開始10分くらい前に市長が現れる。名刺をいただき、佐伯市の素晴らしさを説かれる。

関サバの8割は佐伯市で取れるらしい。それは素晴らしい。Aさんに「この人大丈夫?」と聞く。
Aさんは「そういう人です」と曖昧に答えたので、そういうことにしておく。

そんなことをしているうちにもお客さんは入り続け、何故か定員30人のところお客さんだけで43人。
Aさんは途中から「これ以上来たらどうしよう」と不安になったとのこと。

そんなこんなで講演会開始。


まず、市長に一言いただくことになる。なんでも早朝からマラソンしてきたらしい。しらんがな。

で、佐伯市での男女共同参画推進についてありがたいお話をいただく。聞いてなかったけど。
(いい忘れてたけど、これ、「男女共同参画推進講座」の一環として行われてます)

そのあと、寺島さんの講演。内容はボクかのが出た経緯とかその辺。

途中で黒板にさらさらとイラストを描いたりして「やはりプロは違うなー」と。
この模様は動画で見ることができますので、ぜひ。

なお、市長は船を漕いでました。流石に港町の市長だなと思いました。


で、ついにわたくしの講演開始。

これも動画で見てもらったほうがいいので、あまり多くは話しません。
ただ、途中からもう完璧アドリブでした。
時間おしてたのもあるんだけど、考えたことと原稿が外れてしまって原稿が役たたずに。
ツイキャスで中継してたんですけど、あおが見てて「お前、後半ぶっ壊れてただろう」と言われました。
「カンペ見る回数減ってたし、体がめっちゃ動いてるし、なにか考えてる時間多かったしな!」とのこと。
そんな中、講演の中で「市長、ぜひ本を買ってください」と市長いじりをして聴衆の笑いを取るのに成功。
あと、「あおの尻に敷かれてまして」という内容で学生時代よく使っていた「女尊男卑」という意味の手話をしたところ、盛り上がる。
その直後「あ、すいません、男女共同参画推進でやる話でなかったですね」と言ったら更に受けたのですが、Aさんの顔が心なしか青くなってたのは気のせいだと思います。
そんなかんやでテンパりつつ、講演終了。ありがたいことに大きな拍手をいただく。
なんかAさん、安堵のあまり涙ぐんでるし。

引き続いて、トークセクション。「顔の認識について」「コミュニケーションについて」「普通とはなんだろう」という3つのテーマを30分で行う。雑談のごく一部を綺麗にまとめた感じですごく無難に終わる。

あとでAさんから「来年はトークセクション3時間ですね!あおさんつきで!もう、雑談だけでいいです!下手に公演するより、雑談のほうが絶対面白いです!」と力説される。
っか、来年あるんかよ。あるとしたら土下座しますけど。

ちょっとしたグループワークのあと、サイン会。


長蛇の列であおのサイン付きで持ち込んだ分+佐伯市に送ったものの大半が売れる。
佐伯市が大好きになりました。


サインを書きながら。お客さんから「良かったです」「面白かったです」とのお声をいただき、うへへへへへと奇声を発するマシーンと化したくらげさん。

キモかったと思います。

その後、打ち上げ。


B氏というAさんの上司がくる。「この上司にしてこの部下ありだなー」と思いながら酒を飲む。

あおに怒られるからあまり飲めない、というと「じゃ、来年あおさんつれてこい!勝負だ!」とB氏から言われる。
だから来年あんのかよ。そんでなんの勝負だよ。
あ、B氏からおすすめした焼酎がたいへん旨かったです。また呼んでください。

で、宿に帰ってぶっ倒れて寝る。


3日目。朝飯を最初からいただき、腹を満腹にして、事務手続きのために市役所に向かう。

書類書いてたらAさんが「あ、市長呼んでますから。本買いますと」とかいうので、Aさんの課長とAさんとボクで本を持って市長室に向かう。
しばし待っていると、ガチで市長登場。その場でサインをして本を手渡す。
「次はイセエビがうまい時に来てください」と言われる。
あ、この市長有能。うん、すごい人ですね、ええ。だから講演会予算つけてください。

で、Aさんが車を出してくれて、ちょっと港の方におみやげを買いに。

車中、「いやー、今回のアンケート、すごくよかった!という声多数ですよ!」とか言われる。
佐伯市は変人が多いと思いました。ゲヘヘへへへという声が出る。Aさん引く。
おみやげは簡単に食べられるものとおやつを買って終わり。重いんだもん。

そのあと、バスターミナルでAさんに別れを告げ、「じゃ、またきますよ」「きてくださいよ」と。

大分空港でもちょっとスッタモンダして、帰宅して飯食って、あおにただいまと言って、ブログ書いてます。


いやまぁ、なんつーか、いい旅でしたね!


で、この記事。いろんな人に怒られそう。


ま、佐伯市、また行くでしょうね。次はイセエビ食いましょうや。(誰宛?)

口が忙しいのが悪いんです

こんばんわ、くらげです。

イロイロとネタはあるんですが、書くヒマがないんです(;´Д`)

ライター仕事と本業と家事と講演会準備がたてこんでて、もー死にそう。
ツイッターにもろくに出没していない状態です。

でまぁ、最近は頭の回転が早すぎて、口がついていかいないんですよ。
具体的には、
ボク「あー、あれ、なんだっけ」
あお「ん?」
ボク「あ、わかった」
あお「なんやいな」
ボク「コンソメ4個だ」
あお「だからなんの話だ」
ボク「ポトフだ」
あお「最初からそういえ」
というようなのんびりしていないネタが大量にあるのですよ。

あと、言葉のショートカットが多くてですね。
あおが非常に受けたのがボクが「聞こえさせろ!」と言った件ですね。
「聞こえるように大きな声で言って!」が何故か「聞こえさせろ!」と言ったという。

あと、「お疲れのようですね、早く寝なさい」を「お疲れなさい」といってあおがぐだっと倒れたり。

まぁ、世の中イロイロ差別だのなんだので動いてますが、現状一つ一つに言及する余裕もなく。

暗に陽にこれからも策動するのですよ、ふふふ。
くらげについて

聴覚障害(2級)とADHD(診断あり)と躁うつ病患者の三重苦ですがなんとか自立して生きてます。 このブログは障害者としていく意味やらライフハックやら時事ニュースを取り扱っていきます。
同じく発達障害の「あお」と同棲中。結婚はまだかと急かされています。
最新コメント
お問い合わせ・執筆依頼などはこちらへお願い致します

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
QLOOKアクセス解析