日本全国1000万人の台風性低気圧被害者の皆様こんばんわ。

元気に体調不良ですか?

ボクは死にそうです。

不調の、あおがジュウシマツ和尚の写真を片手に「いつも心にジュウシマツ。ニャーン!」とか言いながら人のノートパソコンでどじょうすくいしている幻覚見てますが、たぶん幻覚でしょう。

さて、先日の日記でも触れましたが、ボクの奇癖の一つにチープな小型パソコンが大好きというのがあります。

原点は子供の頃に憧れたPDAにありそうな気がします。

昔憧れたPDAはNewtonとかモバイルギアとかですねー。

特にモバイルギアはその名前だけで今でも心がワクワクします。

で、初めて買ったPDA的なマシンはかの「W-ZERO3」ですね。

正直、未だにW-ZERO3を超えるワクワク感のある名機と出会えてないのです。

(そういうワクワク感を楽しみたくて今現在シムフリー8インチタブレットなんてゲテモノ使ってるわけですけど)

そんな悶々としてる間に面白いPCが!

GPD WIN

あまりの欲しさに泣いてあおに「買わせて!買わせて!」と泣き叫んでいるのですが、あおは頑なに「10万円くらいのまともなパソコンを買ったほうが10倍幸せになれるよ?」というのです。

ボクは「ちがうんだよ!俺がほしいのは高性能なパソコンでなくてロマンが詰まったガジェットなんだよ!」と反論しますと「ロマンを追い求めるって歳でもないでしょ!」とか言うのです。

「男はいつでもロマンを求めないとダメになるんだよう!」

ボクは床に転がってロマン禁断症状に悶え苦しむのですが、あおは新潟の血を引くだけあってサドっ気含んだ顔で「そんなロマンは捨てろ!今お前に必要なのは長時間眺めていても目が痛くないパソコンだ!」と罵倒します。

「目が悪くなろうが欲しいものはほしいのだ!目が潰れようともほしいPCを買わないという選択肢はないのだ!」

「バカを言うなバカを!PCは体に良くなければいけないのだ!あんたが目が潰れたらうちはどうやってご飯を食べていけばいいのか!第一、触手話を覚え直さなければいけなくなるではないか!そしてPCができなくなるではないか!」

「そのときは視覚障害者用のパソコンを買えるじゃないか!素晴らしいじゃないか!」

「お前は目的と手段の逆転という言葉を知っているか!?」

「知っているわ!必要だからPCを買うんでなくてPCがほしいから目的を作るの!OK!?アンダスターン!?」

「わからんわ!」

「なぜわからないのか!?」

「だいいち金あるのかよ!?」

「うっ」

「貯金あるのかよ!?」

「はっ」

「 け っ こ ん し き ん は ど こ で す か ?」

「う、うわー!!!!」

そしてくらげは台風の中川に飛び込み海に帰った。

おわり。

あ、note更新してあります。よろしくお願いいたします。

くらげ寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第22回 「スケジュール管理は人に頼っていいんだよ」ってお話
 

14393425_878688702261980_1451413163_o


よろしくおねがいします(絞るような声で)