世界はことばでできている

〜成人期発達障害&聴覚障害者の日常〜

聴覚障害+成人期発達障害(ADHD)が日々考えていることや、聴覚障害者・発達障害者として生きていくライフハックを書いてます。あと、ニュースやら軍事やらについても飛びつきます。とにかく雑多なブログです。

「あおの彼氏はカレンダー」ってお話

こんばんわ。

体温調整機能が完璧にぶっ壊れてるくらげさんです。

暑さを感じないのに汗だけはどんどん出てきて気がついたら水分不足でぶっ倒れそうになります。

そんなわけで本日はマジで駄目な一日であります。

まず寝坊する。気がついたら出勤する時間にあおから叩き起こされる。

次に朝の薬を飲み忘れる。途中で気がついて飲みに帰る。

仕事はまぁ普通に駄目なのでさておいて、ナチュラルに歯医者の予約を忘れる。

ご飯を作っていたら煮物に醤油を入れ忘れる。

ご飯を食べようとしたらポン酢と間違えてごま塩をふりかける。

SIMフリー端末にSIMを入れ替えようとしたらSIMがない。

SIMが見つかったらSIMを入れ替えるためのピンがない。

ピンが見つからったら次は再びSIMがない。

平沢進を聞こうとしたら吉幾三を見ている。

しかも調子に乗って踊ってたら小指をぶつける。

「今日はついてない日だな」と言うと「いつもそんなんから気にするなよ」と言われる。

そんな日常です。

あ、あとあおが「おいたんの背中はカレンダーと同じくらいのサイズだね」と9月の紙をちぎりながら言う。 

どうもでかいカレンダーとボクの背中が似ているという。

「お前の彼氏はカレンダーか?」「可憐ではないな」「さいですか」 

そんな日常です。

写真も特にございませぬ。

寝る。 

「災害への最大の備えって大家さんにさくらんぼ送ることじゃね?」ってお話

こんばんわ。

相変わらずオフでも仕事でも「震災震災震災震災」とつぶやいてる危ないおじさんになってるおいたんです。

あおから「そこまで震災震災言うなら東京防災でもよめ!」と言われたので改めて読んだのですが東京災害のできはすごいですね。

下手にいろいろ揃えるより東京防災を一冊防災袋に放り込んでいるだけでだいぶ違うと思います。

また、Kindleで無料公開しているのでスマホ×2 タブレット×1 PC×1にダウンロードして読んでいます。

しかし、東京の場合は殆ど避難所が機能しないのは「常識」なんですね。

避難所は「自宅が倒壊したケース」が優先されて、マンションやアパートの人は入れない場合が多い。

となれば、自宅避難がメインになるわけですが、この場合は「1週間は生き延びられる備蓄」が必要な模様。

それで試算してみたら、2人で水50リットル、食料50食。

この時点でハードル高いですけど、当然、燃料や携帯用の電源とかいろいろ必要なわけでして。

あとトイレ。

まずトイレ。

すんごくトイレ。

さらにトイレ。

だいたい50袋。簡易トイレ50袋。

こんな感じで軽く金額で試算したら最低限で3〜4万、快適に過ごそうとしたらホント天井知らず。

更に本当に逃げなきゃいけないときはこれを入れるキャリーケースに火災に備えて貴重品を金庫に… とか考えるともう二人じゃどうにもならんですね。

町内会に入会することも前提に動く必要あるかもしれませんな。

というか、多分一番の備えが地域に根をはっておくことなんでしょうが。

一応大家には果物とかをおすそ分けしてるのでそこそこ関係は良いのですが。

ま、災害への備えだけでもなく将来見据えて考える時期かもしれませぬな。

というわけで、今日はこのくらいで。

では。

なお、noteは24回になりました。

信じれないほど続いてますな。

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第24回 「スケジュール管理は『ふっかつのじゅもん』で行きましょう!」ってお話
 
picture_pc_c7d53fc843a640c95813ce81a83a4dab

今回は「スケジューリングってなんの目的でやってるの?」という話です。

では。 

「防災に必要なのはオフロードバイクなのじゃよ」「うるせぇ黙れ」ってお話

こんばんわ。くらげです。

前回からこっち、相変わらず「防災なんじゃ!防災が肝なんじゃ!」といきり立っております。

いや、一度本気になるとめっちゃ凝るめんどくさい人なんで。

今住んでるところが液状化現象+火災発生+家屋倒壊リスク大というピンポイントでやばい場所、というのも理解できたので、「こりゃ対策しないと死ぬな」と。

うちらは基本的に避難所に逃げられないと覚悟してます。

発達障害のため、ひとが多いところで避難所生活はまず無理ですし、配給に迅速に並べる気もしない。

というわけで、セルフ避難しかないなーと考えてはいたのですが、イマイチ本気度が。

しかし、仕事で防災 のことを調べると、「あ、これ、施設とかに逃げても無理だわ」となったので、スイッチオン。

 そんで調べれば調べるほど防災というのは「きりがない」ということがわかってきて、「面白い」と手段と目的が逆転したよね!

いま、防災グッズを入れるために押し入れや引き出しの整理をしているというダメっぷりです。

まぁ、いつまで続くかわかりませんけど。

とりあえず、一番参考になりそうなことは、「災害時はセブン-イレブンがWi-Fi無料開放(無停電装置付き)してるよ」ってことでしょうか。

あと、「インターネット潰れるような災害あったらなにやっても無理」ってことすかね。

アマチュア無線の資格とって無線でネット接続しようとも思ったのですが阿呆なのでしません。
(超低速でできますけど初期投資10万くらい)

あと、逃げるためになんか自転車やバイク欲しいなと思っているのですが、高いオフロードタイプ買ってもどうせ使いこなせないだろうなーというのと、あおが移動できないのでそっちはあきらめるかとか。

まぁ、出来る限りのことはしておきたい次第。

では。

あ、note更新しました。

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第24回 「スケジュール管理は『ふっかつのじゅもん』で行きましょう!」ってお話

picture_pc_c7d53fc843a640c95813ce81a83a4dab

発達障害者にとっての「スケジューリング」の目的とかそのへんのお話です。

では。

くらげについて

聴覚障害(2級)とADHD(診断あり)と躁うつ病患者の三重苦ですがなんとか自立して生きてます。 このブログは障害者としていく意味やらライフハックやら時事ニュースを取り扱っていきます。
同じく発達障害の「あお」と同棲中。結婚はまだかと急かされています。
最新コメント
お問い合わせ・執筆依頼などはこちらへお願い致します

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
QLOOKアクセス解析