世界はことばでできている

〜成人期発達障害&聴覚障害者の日常〜

聴覚障害+成人期発達障害(ADHD)が日々考えていることや、聴覚障害者・発達障害者として生きていくライフハックを書いてます。あと、ニュースやら軍事やらについても飛びつきます。とにかく雑多なブログです。

【お知らせ】サイト移転しました

こんばんわ。くらげです。

このサイトは100回を区切りに、以下のサイトに移転しました。

世界はことばでできている

ご愛読のほど、ありがとうございました。

 

「ペッパーくんに学ぶ発達障害者が感情をコントロールする方法(下)」ってお話

こんばんわ。くらげです。

本日は白菜を死ぬほど食いました。

こんなに白菜を食うのが幸せだと感じたのは人生初ですね。

 IMG_20161107_185545

昔は白菜より肉!肉!という感じでしたけど、今は「野菜をよりうまくするために肉を煮てスープにコクを出す」みたいな感じにシフトしてます。

大丈夫か、32歳でこんなジジイみたいなことで。

そのうち、野沢菜漬けをお茶請けに日本茶をすすりながらスマホいじるのが日常な今時のジジイよりジジイな生活をしそうな気がします。

あ、あかん。野沢菜漬けが食いたくなってきた。

さて、ペッパーくん「感情生成エンジン」を搭載しており、このエンジンは「感情マップ」をベースにしているというところまでが前回の記事。

感情マップとは、人間の感情が生まれる仕組みを『「見る」「聞く」「触れる」などの「外部情報」を受け取ると脳でそれに応じたホルモンが増減するため』というモデルで表したもの。

ペッパーくんは、各種センサーから受け取った刺激を「好き」「安定」「きもちいい」「不安」「嫌い」「痛い」のどれかに対応する言葉に分類して、そこからマトリクスを作って感情を表現する動きをします。

で、先日はnoteでこんな記事を書きました。
「発達障害者は表情が読めないとはどういうことか」という話ですが、その中で、寺島さんは表情を書くことのプロとして、表情は「受容」「発信」などの6パターンに大別できると言います。

これも「感情→(処理)→表情」にあるも程度のパターン性があることですね。

人間の感情が多彩で不可思議なのはもちろんなのですが、その多彩さも「程度」が過ぎれば残念ながら社会から排除されやすくなる。

しかし、「一般的な感情」は数パターンに大別できて学習可能なら、「とりあえずこのときはこのパターン」と「入力→出力」の自動化もまた可能なのだろう、と。

いや、SST(ソーシャルスキルトレーニング)に感情をどう読むか学ぶための教材はすでにあるんですけど。

ここでボクが念頭に置いておきたいのは、「一般的な感情の入出力」が学ぶことができるものだとしたら、感情が普通と違うタイプの発達障害者も「理解できる言葉」をマトリクスで表現可能なのでは、ということ。

「当たり前のこと」を言葉や数値に置き換えるのはとても難しいものですが、その「難しさ」のズレが発達障害の問題がある。

となれば、感情・感覚などの数値モデル・理論モデルを積極的に学ぶことで、日常的なズレも縮小できるのではないか、と思うわけですが。

今の状況が「感情マップ」のどこにあるのかを言葉にしたり、相手の「動き」から何を言いたいのかを「理屈」で考えるみたいな、そういう理系っぽいところからの障害児支援アプローチがあったらおもろそう、と思いますね。

発達障害研究と人工知能研究って、どっかで結びついてないですかね。

ま、これは今後の調査課題として、とりあえずこの話し終わり。

ではー。

「ペッパーくんに学ぶ発達障害者が感情をコントロールする方法(上)」ってお話

こんばんわ。くらげです。

母親にLINEで「こっちの野菜、今は高くて質がよくない・・・。白菜が食えない・・・。」と愚痴ったら大量の野菜が届きました。

段ボールを開けたらあまりにりっぱな白菜が入っていて、感動のあまり頬ずりをしたらあおが「うわぁ・・・」ってどん引きしてたみたいんですけど、気にしないことにします。

最近、半ばしなびている白菜しか見てなかったから水気たっぷりのぷりぷりした白菜があまりにもいとおしかったんだよう・・・。

明日は豚バラと白菜で鍋を作るぞー。

さて、本題。

最近、公共の場でよく見るようになったロボットがペッパーくんですね。

ペッパーくんとは身長約120cmくらいで、足は出来損ないのマーメードの下半身をぶっとくしたようなやつで、上半身がエヴァンゲリオンに出てくるリリスの仮面をはいだようなデザインのアレなロボットです。

この言い様で分かるように、ヒューマノイドロボットに対するラダイト運動(産業革命期の機械打ち壊し運動)が起きたら真っ先にペッパーくんを狙うと確信しているくらいには苦手です。

全体的なデザインもキモいんですけど、輪をかけて不気味さをだしているのが顔のデザイン。

目がでかくて口が申し訳程度についていて鼻がのっぺりしているっておまえは15年くらい前のノベルゲーのヒロインか。いたる絵か。

あれは二次元だから許されるのであって3次元にしたら文字通り目も当てられないデザインだよねと昔から言われているではないか。

しかもハゲとはどういう了見か。出家でもしたのか。
これはソ○トバンクのトップシークレットであるが、日本一早く額が前進し続けているお方の頭を電子データ化してペッパーくんに移植する計画があり移植した暁に頭に違和感がないようにあのデザインにしたようである。

いや、嘘だけど。

まぁ、デザインが駄目なのは分かっていただけたと思いますが、中身は大変興味深いものがある。

ロボットも用途は様々ですがペッパーくんは「感情認識」を行うことに特化したロボットです。

カメラやマイク、ジャイロ、ソナー、レーザーなどのセンサーを無数に搭載しており、人間とコミュニケーションをとることができます。

そして、その外部情報を「感情生成エンジン」で処理して動作するわけですが、結構生々しい表現で反応するようですね。

IMG_20161106_222654


この感情育成エンジンは「きもちいい」「すき」などの「感情マップ」を元に作れており・・・ってところで話が止まりそうにないので、以下次号!

この話は、このnoteとかなり関係があるので、ぜひ。

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第29回 「ポメラの機能と表情ととく。その心はどっちも意外とシンプルだ!」ってお話


received_911743555623161
くらげについて

聴覚障害(2級)とADHD(診断あり)と躁うつ病患者の三重苦ですがなんとか自立して生きてます。 このブログは障害者としていく意味やらライフハックやら時事ニュースを取り扱っていきます。
同じく発達障害の「あお」と同棲中。結婚はまだかと急かされています。
最新コメント
お問い合わせ・執筆依頼などはこちらへお願い致します

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
QLOOKアクセス解析